2020年1月

地震に備えた屋根リフォーム

屋根リフォームの特徴を知って、耐震・耐久性の高い住まいに!

長岡京市・大山崎町のリフォーム&不動産 ライオンホーム代表の田村です。阪神大震災から25年が経ちました。この機会に、ご自宅の屋根に注目してみませんか? 屋根はリフォームや葺き替えによって、耐震性や耐久性を大きく改善することが可能です。

【ご自宅の屋根はどのタイプ?】

住宅の屋根はいくつかのタイプに分けられます。
■瓦屋根・・・伝統的な日本建築に使われるのが瓦屋根。瓦は土を焼いてつくる為、耐久性や断熱性に優れていますが、総重量は数トンにもなり、車が数台屋根に乗っているのと同じくらいの重さになります。
■スレート屋根・・・天然の岩や人工素材を加工したもので、メーカーによってはカラーベスト、コロニアルと呼ぶことも。色やデザインの種類も豊富で、比較的軽い素材です。
■金属屋根・・・鉄やアルミ、ステンレスなどの金属をベースに、耐久性を高める加工を施した素材で、軽量で耐火性や防水性にも優れています。最近では「ガルバリウム鋼板」を使用したものが多くなっています。

 

完成マじか

このほか、セメントなどに繊維や樹脂材料などを加え強度や耐久性を強化し、同時に軽量化も図った「ハイブリッド屋根」や、グラスファイバーの芯材にアスファルトを塗布して表面に自然石を吹き付けた「アスファルトシングル屋根」もあります。耐震対策も考えて、最近の新築住宅ではスレート屋根や金属屋根を採用するケースが増えています。ご自宅の屋根がどの種類なのか、まずは確認してみましょう。

【屋根も定期的なメンテナンスが大切!】

ここ数年、地震や台風によってたくさんの家屋の屋根が損傷を受けました。あのような災害に遭った際はもちろんですが、屋根にも普段からのメンテナンスが必要です。瓦のズレや割れ、塗装のはがれ、雨樋いの詰まりなどを放置しておくと、雨漏りや腐食の被害が進んでしまう可能性も。家が大きなダメージを受ける前に点検と修理を行いましょう。屋根のタイプによって差はありますが、10年~15年くらいを目処に考えるといいでしょう。

ただ、屋根の上を自分の目で確認するのは難しいですよね。慣れないハシゴを使った点検はとても危険です。一度も屋根の点検をしたことがないお住まいもあると思います。ライオンホームでは、屋根の状況や素材の特徴をふまえて、お客様の住宅に合った補修方法をご提案させていただきます。

 

P1080094.1

【屋根の修理、葺き替え方法にもいくつかのタイプがある】

屋根リフォームの方法にもいくつかの種類があります。瓦のズレや塗装のはがれは修理によって対応出来ますが、傷みが激しい場合などは、全体の「葺き替え工事」も選択肢のひとつになります。写真でご紹介しているのはコロニアル(カラーベスト)の屋根に割れや劣化が発生したため、金属製のガルバリウム鋼板に葺き替えた施工事例です。「割れが見つかった」とご相談を受けて点検したところ、全体に傷みが激しく、葺き替えをご提案いたしました。

IMG_4365 IMG_4446

工事はまず家の周囲に足場を組み、古い屋根材を撤去して防水処理をしっかりと重ねた上に、軽い金属製のガルバリウム鋼板屋根を葺いていきます。工期は約5日間、工事費用は全部で約85万円でした。

もちろん、重い屋根から金属やスレート製の軽い屋根への葺き替え工事というケースも多数あります。地震対策を考えるなら、早めに葺き替えを検討されてはいかがでしょうか?

IMG_4463 IMG_4494

【既存の屋根の上に、新しい屋根を重ねる「カバー工法」】

屋根の補修、葺き替えに加えて第3の選択肢として「カバー工法」があります。
「カバー工法」は名前の通り、既存の屋根の上に軽い金属製の屋根材をカバーするように重ねる施工法です。重くて凹凸のある瓦屋根には向いていませんが、表面が平らで比較的軽いスレート屋根などには採用できる工法です。

「カバー工法」は塗装による補修と比べると1回の施工にかかる金額は高くなりますが、塗装を繰り返した場合に比べて断然コストを安く抑えられるので、長期的なスパンで見れば経済的といえます。自宅の屋根に採用できるかどうか、気になる方はライオンホームにご相談ください。

屋根の劣化を放置すると、住まいの寿命を大きく縮めてしまうこともあります。「リフォームしようか悩んでいる」「誰に頼んだらいいかわからない・・・」そんな方からのご相談も大歓迎です。
大切な住まいを守り続けるため、お客様のお住まいにぴったりの方法でご提案をさせていただきます!

お電話は0120-09-1152です。
メールでのお問い合わせはこちらまで。

https://www.lionhome.co.jp/inquiry/

長岡京市・大山崎町のリフォーム&不動産 ライオンホーム

https://www.lionhome.co.jp/

3階建ての実家を、2世帯住宅にリノベーション!

キッチンやトイレを3階に新設、2世帯が快適に暮らせる住まいに

長岡京市・大山崎町のリフォーム&不動産 ライオンホーム代表の田村です。子ども達が独立して、実家の部屋が余っている・・・という話をよくお聞きします。それなら、リノベーションによって2世帯住宅に蘇らせてみてはいかがでしょうか? 施工事例を通してご紹介いたします。

y.1

【使われていなかった実家の3階。リフォームで2世帯住宅に】

長岡京市のY様は、実家を離れ奥様とお子さまの3人で暮らしていました。ご実家の3階建て住宅は、3階に洋室と二間の和室がある大型の住宅。しかし3階は納戸のような状態で、ほとんど使われていませんでした。「このスペースをリフォームして2世帯住宅にすれば、親と一緒に暮らせるし、子育てのサポートもお願いできる」と考えたY様。リフォームの見積りを数社に依頼しましたが、提案されたプランと金額にどうしても納得できなかったそうです。その時に見つけたのがライオンホームのホームページ。ご相談にお越しになったY様に、プランのご提案をすることになりました。

y.2
y.3

【3階にキッチンやトイレを新設し、子ども世帯のLDKに!】

ライオンホームからご提案したのは3階部分にキッチン・トイレ・洗面室という水廻りを新設するリノベーションプラン。3階部分を子ども世帯用のLDKにする、2世帯住宅プランです。
「もともと配管がない3階に、水廻りを追加することが出来るの?」と、疑問に思う方がいるかもしれませんが、給排水管を延長し防水や荷重に耐えられるような補強を行うことで、3階にキッチンやトイレを新設することは可能です。
ただ、浴室の設置は一気に重量が増加するため、慎重な計画が必要になります。

提案を気に入っていただき、リフォーム工事の着工へ!

【最新のシステムキッチンを採用し、階下との仕切り扉と室内窓を設置】

新設したキッチンの床面は、給排水用のパイプを通すために一段高くしています。「高くなったお陰でリビング全体が見渡せるから嬉しい」と奥様。キッチンはクリナップの「ラクエラ」を選択。水垢が付きにくい特殊コーティングが施され、お手入れも楽な「美・サイレントシンク」が搭載されています。

y.4
y.1

2階を上がった階段にある踊り場には引き戸を設置して、Y様ご家族の住まいへの入口としての役割を持たせています。扉の横の階段室の手摺り部分には、落下防止と明かり取りのために大きな固定型ガラス窓を設置しました。小さなお子様のいるご家庭など安全性を重視するなら、室内に窓を設けるアイデアは参考になるかと思います。
リビングはもともとあった洋室との間仕切りを撤去して、広々とした空間に。床材も淡い色のフローリング材を採用することで全体的に明るい雰囲気に仕上げました。

y.5
y.6

【全体コーディネートはホワイト系をベースにした明るい空間に】

二間続きの和室の間取りはそのまま残し、畳やクロスを一新することで快適な広々空間へ。洗面室はキッチンの隣、大きな窓から自然光が差し込む明るい空間です。洗面化粧台はクリナップの「BGA」シリーズを採用。扉のカラーはチャコールウッドをお選びになりました。洗面室の奥にはスッキリシンプルなトイレを設けています。納戸として使われていたお部屋の床はそのまま利用して、天井とクロスを張り替えました。ウォークインクローゼットとしても活用できそうです。

全体のコーディネートはY様のご希望通り、ホワイト系をベースにした明るい仕上がりに統一しています。工事期間は約40日、工事費を含めた費用は422万円となりました。

y.7
y.8

このように、リノベーションによって2階や3階部分に水廻りを新設することは不可能ではありません。ライオンホームではしっかりと構造の調査を行い、配管や耐震性などを配慮したプランをご提案しています。水廻りが移動できれば暮らし方まで大きく変えることができるはずです!

実家リフォームや2世帯住宅へのリノベーションも「ライオンホーム」にご相談ください。

y.9
y.10

TEL 0120-09-1152、メールでのお問い合わせはこちらです。
https://www.lionhome.co.jp/inquiry/

長岡京市・大山崎町のリフォーム&不動産 ライオンホーム
https://www.lionhome.co.jp/

ライオンホームについて

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お客様へのお約束
ライオンホームのリフォーム ラインナップごとに詳しくご紹介!
  • 不動産をお考えの方へ
  • 中古住宅 リノベ
  • ショールーム紹介
  • 来店のご予約 リノベ
  • LINE@簡単見積もり
  • ライオンホームのインスタグラム