2020年3月

リフォーム支援制度の活用法

補助金や優遇税制を活用しておトクにリフォーム!

長岡京市・大山崎町のリフォーム&不動産 ライオンホーム代表の田村です。リフォームに対する、国や自治体の支援制度があることをご存知でしょうか? 4月からは新年度となり、各種支援制度の受付もスタートします。おトクなリフォーム支援制度を整理しておきましょう。

【補助金と税制優遇、2つの支援制度がある】

リフォームに対する支援制度には、「補助金」と「税制優遇」の2つがあります。

まず「補助金」制度ですが、これは名前の通り、一定の条件を満たすリフォームに対して、国や地方自治体が費用の一部を補助するというもの。質の高い住宅を普及させることを目的としているために、制度ごとに対象になる条件が決まっています。

現在、最終の受付が行われている「次世代住宅ポイント制度」も補助金制度の一種です。

これは「消費税率10%への引き上げ」への景気対策が目的で、省エネや耐震、バリアフリーを目的としたリフォームに対してポイントを発行する制度。ただし、「次世代住宅ポイント」は令和元年度末までの契約・着工が対象となり、申請期限は令和2331日まで。間もなく終了となります。消費増税にともなう、特別な支援制度だったといえますね。

87182345_179882036762227_4634106834339233792_n

【最大300万円を補助! 長期優良住宅化リフォーム推進事業】

消費増税対策ではなく、継続して行われている「補助金」制度のひとつに「長期優良住宅化リフォーム推進事業」があります。これは国が実施するもので、省エネ、耐震、劣化対策など住宅の性能を向上するリフォーム(長期優良住宅化リフォーム)に対して、最大300万円を補助するというもの。

補助金の額が大きいので、屋根を葺き替えて軽量化する、断熱サッシに交換する、給排水管を更新する、3世代同居のためのキッチンやトイレを増設するなど、大規模なリフォームをお考えならチェックしておきたい制度です。令和2年度の予算案にも盛り込まれていますので、4月以降も継続が予想されます。注意点は、対象となる工事や基準が細かく決められていること、古くなった設備の更新だけでは補助の対象にならないことです。

出典:長期優良住宅化リフォーム推進事業事務局 資料より

【各自治体の補助制度は、4月の新年度スタートに注目】

長岡京市や大山崎町など、各地方自治体でも独自の「補助金」制度を実施しています。

たとえば長岡京市では「エコリフォーム補助金」を令和元年度に実施していました。窓の断熱化工事を、長岡京市のリフォーム業者に発注し、工事費用が10万円を超える場合、費用の1/10(最大5万円)を補助するというもの。

また、「住宅用自立型再生可能エネルギー導入事業補助金」として、太陽光発電設備と蓄電設備の同時設置に対する補助も行っていました。

ただし、いずれの補助金も、申込締切は令和元年の12月まで。理由は、国や自治体の補助金は年度ベースで制度が運用されているため。逆にいえば、予算が成立し、4月以降の新年度になれば、受付開始となります(長岡京市にヒアリング済み)。

また、防災対策としての「木造住宅耐震診断」の補助制度も新年度から、受付がスタートする予定です。こうした制度の利用を考えるのなら、新年度からの動きに注目し、早めに行動をおこしましょう。

87841739_128221961910845_6271462308761829376_n

【減税を受けられるリフォームもある!】

「住宅ローン控除」という言葉を知っている方も多いかと思います。住宅ローンを利用した際に、税金が戻ってくる仕組みで、年末ローン残高の1%の税金が還付されるものです。これは、リフォームローンの場合でも同じ制度が利用できます。

さらに、意外に知られていいないのがリフォーム独自の減税制度。

「リフォーム減税」と呼ばれるもので、「耐震リフォーム」、「バリアフリーリフォーム」、「省エネリフォーム」、「同居対応リフォーム」など一定の要件を満たしていれば、これらのリフォームをすることで、「所得税の控除」や「固定資産税の減額」を受けることができます。

bf9d66d04352d2e0b86c8cb67f49faee_s

ちょっと難しそうに思えるかもしれませんが、せっかくの支援制度です。賢く活用して、リフォームで快適な住まいを手に入れましょう!

リフォーム減税に関しては、こちらのサイトも参考にしてください。
https://suumo.jp/article/jukatsu/money/zei_seido/2258/

かしこく、おトクなリフォームについても、ライオンホームにおまかせ!

TEL 0120-09-1152、メールでのお問い合わせはこちらです。

https://www.lionhome.co.jp/inquiry/

長岡京市・大山崎町のリフォーム&不動産 ライオンホーム

https://www.lionhome.co.jp/

リフォームで子ども部屋づくり

子どもがイキイキと、元気になる部屋をつくる

長岡京市・大山崎町のリフォーム&不動産 ライオンホーム代表の田村です。春は入学、進級の季節。新学期を前にして、子ども部屋の準備を進めている方も多いかもしれませんね。今回は子ども部屋づくりについて、様々なバリエーションをご紹介いたします。

【リビング学習にもぴったりのスタディスペース】

子ども用の個室ではなく、ダイニングテーブルやリビングのカウンターなどで勉強を行う「リビング学習」が注目されています。幼稚園や小学校低学年で、学習習慣がまだ身に付いていない時期には、家族のそばで勉強することが学力アップにも効果的と言われていますね。

そのため最近の新築住宅では、キッチンやダイニングのそばにカウンターテーブルを設置して子どものスタディスペースとするお住まいが増えています。もちろん、リフォームでもスタディスペースを設置することは可能です。実家をリノベーションされた大山崎町のT様邸では、キッチンカウンターとも連動させる形で、たっぷりの収納スペースをとった造作カウンターを設置。手元を照らす照明も付けた本格的な学習コーナーです。

【学習机としても活用できるリビングのPCコーナー】

全面リフォームしたリビングの一角に、カフェのようなL字型造作カウンターテーブルを設置したのが長岡京市のK様邸。通常はフラットなテーブルですが、天板には鏡が仕込んであり、開けるとメイクコーナーに早変わり。もちろん、PCデスクとしても利用でき、お子さま用のスタディスペースとしても活躍してくれそうです。

長岡京市の中古住宅リフォーム。新しいリビングに、ライオンホームオリジナルで製作したパソコンカウンター。明るい茶色が素敵です。一部が立ち上がり鏡になります。
長岡京市の中古住宅リフォーム。リフォーム後のリビング。約21.6帖のLDKは床暖房が入っています。濃い木目のフローリングです。

大山崎町のF様邸では、カウンターテーブルの壁面に黒板ペイントを施して、カフェのように仕上げています。黒板があるので、ママやパパと一緒にお勉強コーナーとして使うのはいかがでしょうか。LDKにこうした少し余裕のあるサイズのカウンターテーブルを設置しておけば、お子さまの成長や家族構成の変化に合わせて、多目的に利用できます。

20200221.2
20200221

【リビング学習を卒業して、個室が欲しくなったら部屋ごとリフォーム】

お子さまが成長し、個室が欲しいとリクエストされるようになれば、お部屋ごとリフォームすると良いでしょう。和室から洋室へのリフォームで、お部屋の印象はガラリと変えることができます。

天袋付きの押入れや障子のある和室を、中学生のお嬢様の個室に全面リフォームされたのが長岡京市のF様です。畳はフローリング、土壁はクロス貼りへ。隙間風の入るサッシは内側に樹脂サッシを取り付けて二重窓にしました。押入れは、ワードローブが増えても収納スペースに困らないくらいの大容量のクローゼットに。完全に洋室に生まれ変わったお部屋は、お嬢様にとても好評で笑顔の記念撮影となりました。

IMG_0065
長岡京市の子ども部屋リフォーム。6畳の和室が洋室になりました。床のフローリングはパナソニックのVフロアー。色はエクセルナチュラルです。
長岡京市の子ども部屋リフォーム。完成したクローゼットの中です。右側はお布団が収納できる押入れタイプに。左側は洋服をたくさんかけられます。
top_97

【間仕切り壁を活用、お子さまの成長に合わせて部屋をつくり変える】

複数のお子さまがいる場合、小さな頃はひと部屋を子ども部屋にして、机やベッドを並べて一緒に過ごしているご家庭も多いと思います。独りで寝るのは淋しいし怖いというお子さまも、兄弟がいれば安心して眠れたりするもの。しかし、成長すると個室が欲しくなる時がやってきます。

2部屋並んでいた洋室の壁を取って1部屋にしました。とても明るく広くなった子ども部屋です。
向日市で中古住宅を購入してリノベーション。明るく広くなった子ども部屋です。2部屋並んでいた洋室の壁を取り払い、一つの部屋にしました。ドアもクローゼットも二つずつ、元々合ったものをそのまま使っています。将来また2部屋にすることが可能です。

そんな際には、写真のように間仕切り壁を作って、ひと部屋を2部屋に分けてしまう方法があります。新築住宅の場合、お子さまの成長を見越して、可変性のある間取りにしているケースもありますが、後からリフォームで対応することも十分可能です。

画像1.1
画像3

逆に、部屋を広く使いたい、お子さまが成長して独立したため部屋が余る...といった際には間仕切り壁を撤去して、2部屋をひと部屋にリフォームすることも可能です。次の写真は長岡京市のK様邸。壁をなくすことで、明るく開放的なお部屋へとリフォームできました。

s-P1140073.1
s-P1140074.1

リフォーム前⇧

⇩リフォーム後

向日市で中古住宅を購入してリノベーション。明るく広くなった子ども部屋です。2部屋並んでいた洋室の壁を取り払い、一つの部屋にしました。ドアもクローゼットも二つずつ、元々合ったものをそのまま使っています。将来また2部屋にすることが可能です。

いかがでしょうか。さまざまなスタイルがありましたね。
「子ども部屋はこうあるべき」と決めつけてしまうのではなく、性別や性格、兄弟の有無なども考慮しながら、成長に合わせて子ども部屋をつくっていけば良いと思います。それができるのがリフォームの魅力です。

ライオンホームのショールームも、子ども部屋作りの参考にしていただけますので、お気軽に遊びに来てください♪

お電話は、0120-09-1152です。
メールでのお問い合わせはこちらです。
https://www.lionhome.co.jp/inquiry/

長岡京市・大山崎町のリフォーム&不動産 ライオンホーム
https://www.lionhome.co.jp/

ライオンホームについて

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ

お客様へのお約束
ライオンホームのリフォーム ラインナップごとに詳しくご紹介!
  • 不動産をお考えの方へ
  • 中古住宅 リノベ
  • ショールーム紹介
  • 来店のご予約 リノベ
  • LINE@簡単見積もり
  • ライオンホームのインスタグラム